EDの原因

勃起不全(ED)の原因について

20mg 
EDと言う何でその原因は何でしょうか?

EDという勃起が十分に起きなかったり、勃起しても維持できず、性交が不可能な状態です。 ED患者は増加しており、韓国にも40代以上男性の52%が勃起に問題があるという結果もあります。 EDというのは、一つの疾病に分類されているが、厳密に話すとEDを起こす原因疾病(例;糖尿病、脊椎損傷)は別途に、その疾病によって引き起こされる一つの症状です。 EDは最初は性交途中に勃起が維持できないもうこの以上進行できない場合が一時的に現われて、徐々に進行し、このような場合が増加し、勃起力が弱くて最初から性交渉に失敗することが起こるのです。 しかし、EDが、ある日突然発生して継続されることもできます。

EDを起こす原因を見ると、陰茎の中の陰茎海綿体動脈は、普段は直径が0.5 mmなる細い血管に最小限の血液だけを通過しているが、性的に興奮すれば、陰茎海綿体に分布している神経の末端部で神経伝達物質が分泌され、この神経伝達物質の作用で陰茎海綿体動脈が2倍に拡張され、平時より4-11倍も多くの多量の血液が陰茎内に流入され、同時に網状構造を持った陰茎海綿体の無数の空間が拡張されて、大量に流入された血液が拡張された網状構造の空間に充満され、勃起現象が起こるのです。 EDの原因は精神的問題が発生する心因性と身体的異常に発生する器質性に分けることができ、50%以上は器質性に発生して高齢になるほど器質性の割合はさらに高まります。 心因性EDを引き起こす心理的要因としては、'勃起がうまくいかなければ、どうしようか'する失敗に対する不安、罪の意識、恐怖感、うつ病、女性との精神的葛藤、女性の肉体的魅力の欠如、老化に対する心配などがあります。

器質性EDの原因としては最も老化現象が一般的な原因だが、疾病からは糖尿病と慢性、高血圧をはじめ、心血関係疾患が最も多く、高脂血症(特に高コレステロール血症)、精巣機能低下症、脳下垂体腫瘍、脊髄損傷やゴール反骨骨折、後部尿道損傷、薬物(高血圧治療剤、利尿剤、心臓病の治療剤、鎮痛剤や神経安定剤、抗うつ剤、胃潰瘍治療剤、催眠剤、抗男性ホルモン剤など)の副作用、そして直腸がん、前立腺癌、膀胱がんに対する根治的切除手術、甲状腺疾患、腎臓疾患、肝硬変などがあり、マリファナ、ヒロポンやアルコール、喫煙などもEDの原因になることがあります。  

 

 

 

次のページ:1錠の薬で24時間以上と言うシアリスとは?